アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「書評 恩田陸」のブログ記事

みんなの「書評 恩田陸」ブログ


「Q&A」 恩田陸

2006/11/13 18:27
それではこれからあなたに幾つかの質問をします。
質問の内容に対し、あなたが見たこと、感じたこと、知っていることについて、正直に、
最後まで誠意を持って答えることを誓っていただけますか。
「はい、出来るかぎりは。」

ありがとうございます。 それでは、タイトルと作者名を教えてください。
「タイトルは Q&A 作者は恩田陸です。」
作品のストーリーを教えてください。
「都内郊外の大型商業施設、まあダイエーみたいなものと思ってください。そこで重大死傷事故が発生します。死者69名、負傷者116名、かなりの大事故と言っていいと思うんですけどね、物語はその事故を軸として進みます。」
事故ですか?事件ではなく?
「まあ…ジャンルとしてはミステリですからね、そこは謎解きとして読み進んでもらえれば」

なるほど、ところで感想としてはいかがでしたか。
「…難しいですね。例えば、恩田陸の作品を読んだ事の無い人に、最初に薦められる本ではないな、とは率直に思えます。」
ほう、それはどういった点から感じるのでしょう。
「何点かありますけどね。この本の帯には、恩田陸ワールドの真骨頂、と打たれているんですが、これには非常に共感します。実に恩田陸らしい作品だと。」
作者らしい作品なのであれば、未読者にも薦めやすいものではありませんか。
「いや、それはこの作者の場合、逆ですね。代表作にはなりえない作品です…。」
それが恩田ワールドの真骨頂だと。
「恩田ワールドと言いますが、僕がこの作者の作品を読む時、いわゆるジャンルを考えずに読むんです。と言うよりも、恩田陸はジャンル分けが出来ない数少ない作家の一人です。」

世間一般ではミステリ作家というイメージが強いようですが。
「ある意味では、でしょうね。実際ミステリに区分される作品も多いですから。しかしそれでもジャンルミックスとも言える、一つの恩田ワールドと言えるジャンルを創り上げているのは確かです。仕方が無しにジャンル分けしたらミステリ、といった感じですかね。」
本作品は、そのジャンルミックスの典型だと。
「いえ、矛盾した話で申し訳ないですが、それは違うと思います。ジャンルの意味では今までの作品の中でもトップクラスにジャンル分けしやすいミステリでしょう。」
では、何故。
「作者の一つの特長として、心理描写の濃度にあります。会話の中、風景、天気、よくぞ文章だけでここまで巧みに何から何まで表現出来るなと。」
それが本作品をライトユーザーから遠ざけると。
「そうですね。重いんですよ。」
重い。内容としてですか。
「ええ。核心、謎解きに触れてしまうので多くは語れませんが、その事故…を巡って、そこに居合わせた人、被害者、当事者、多くの目線から真相に近づきます。」
近年、流行している、多人数多人称視点ということですか。
「ええ。みんな共通の話をしているんですが、つながらない。一向に真相に近づく様子が無い。見ているものが違いすぎる。」
集団パニックということでしょうか。
「そうですね、テーマは恐らく、恐怖、だと思うんですが、それに至る、それを裏付ける、作者の目に見えない恐怖、人間のパニック心理が引き起こす恐怖の描写は見事の一言です。」
それが、あなたには重い、と感じたと。
「サラっと読める作品では無い事は確かです。後半になるにつれ、ストーリーは良い意味で脱線して、最後は読者は置き去りですからね。」

置き去りとはまた、酷な言い方ですね。
「いえ、僕自身、作者のラストには期待していない部分が多いんです。ハッピーエンド以前に、しっかりと納得できるラストがあった作品なんて少ないですからね。」
それが、本作品では顕著だったといえるのでしょうか。
「…ある意味では、最初から置き去りだったのかもしれませんよ。」
というと。
「だって、なかなかお目にかかれませんよ。」
なにがでしょうか。


「この状況、あなたと僕のように、始まりから終わりまで、文字通り、Q&Aで物語が終わるなんて」

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


「夜のピクニック」 恩田 陸

2006/09/28 03:42
「皆で、夜歩く。ただそれだけのことがどうしてこんなに特別なんだろう」

僕の大好きな小説

「夜のピクニック」(恩田陸 著)が映画公開されます!!!

生まれてこのかた、何千冊と読んできた本の中で間違いなく1,2位を争う素晴らしい小説でした。

近くに居る人には数年前から散々騒いでるので、またその話か…
となるかも知れないですが、お願いですから
本も映画も見て下さい。見て下さい。

……………………………………………………………………………
内容はいたってシンプルなもの。

修学旅行に替わるイベント、全校生徒が夜を徹して80キロを歩きとおす「歩行祭」。その中で繰り広げられる、学生生活の思い出や、夢や、恋や、そして主人公たちを取り巻く人々の想いが交錯して…


読み終えて、素直に思ったのは、もう少し早く出会いたかったなあと。
せめて高校時代に読む事が出来たらなあ…と。

高校時代ってそうだったなあ、と思う。
げらげら笑い合い、何にでも真顔で相談し合い、何でも分かち合っているようで、実は話せていないこともたくさんあって…
友達にさらけ出している部分と、必死に隠し持っている部分と、でも何となくそれが透けて見えてしまうような無防備な部分があって…

自分は、自分の高校生活がキライだった時期があった。よくあった。
自分の居場所はここではないと勝手に思い込んでて、
いつも気持ちが先走っていて心ここにあらずだったと思う。

でも、卒業して随分たった今、心の底から思う。
もし、あの頃に戻られるのならば、迷わず高校時代に戻る。
振り返ったとき、胸が苦しくなるくらい懐かしく思い出すのは、一番苦しかったかもしれない、あの高校時代なのだ。


ただその場所に居た、ということがどれほど大事なことだったか。
この本を読んで改めて思い知らされた気がした。


主人公を中心に描かれた青春群像に、自分のその時代とは何の接点もないはずなのに、どうしようもなく重なってしまう友人たちの顔、顔、顔。

必死で歩く彼らが、苦痛を紛らわせるために話すおもしろいこと、楽しいこと、恋の打ち明け話、将来のこと。気の合う大事な友人としてお互いに選び合って、最後の行事をともに過ごすことの意味。お互いが理解しあうためのぎこちないとも言える手続きが、今の自分には眩しく思えた。友情だけは、差し替えがきかないものだと、つくづく思うから。


青春と呼ばれるものをいま体験している人たちは、
この本によって自分の残したい青春像を描けるかもしれないし、
青春と呼ばれるものを過去に持ってる人は、
青春を思い出し懐古的な感情を感じ得るきっかけを与えてくれる本ではないかと思う。

そして、何かの節目節目にも道筋を与えてくれる本だとも思う。春から社会人になる多くの友人達に、ゼヒ読んでもらいたい。

卒業を半年後に備えたみんなに読んでもらいたい。


主人公の友人が印象的なセリフを言っていた。

「雑音だって、お前を作っているんだよ。雑音はうるさいけど、やっぱ聞いておかなきゃなんない時だってあるんだよ。今聞いておかなければ、あとから聞こうと思っても聞けない。このノイズが聞こえるのって、今だけだから、あとからテープを巻き戻して聞こうと思った時にはもう聞こえない。おまえ、いつか絶対、あの時聞いておけばよかったって後悔する日が来ると思う」


もし、自分なら、この夜に何を話したんやろうか。
散歩にでも出かけてみようと思った。

なんとミクシーの日記をまるっとコピー…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


トップへ | みんなの「書評 恩田陸」ブログ

Fly High 書評 恩田陸のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる