アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Fly High
ブログ紹介
「You will never be young twice」
学生生活も、もう終わります。
悔いなく過ごしていきます。
zoom RSS

「Q&A」 恩田陸

2006/11/13 18:27
それではこれからあなたに幾つかの質問をします。
質問の内容に対し、あなたが見たこと、感じたこと、知っていることについて、正直に、
最後まで誠意を持って答えることを誓っていただけますか。
「はい、出来るかぎりは。」

ありがとうございます。 それでは、タイトルと作者名を教えてください。
「タイトルは Q&A 作者は恩田陸です。」
作品のストーリーを教えてください。
「都内郊外の大型商業施設、まあダイエーみたいなものと思ってください。そこで重大死傷事故が発生します。死者69名、負傷者116名、かなりの大事故と言っていいと思うんですけどね、物語はその事故を軸として進みます。」
事故ですか?事件ではなく?
「まあ…ジャンルとしてはミステリですからね、そこは謎解きとして読み進んでもらえれば」

なるほど、ところで感想としてはいかがでしたか。
「…難しいですね。例えば、恩田陸の作品を読んだ事の無い人に、最初に薦められる本ではないな、とは率直に思えます。」
ほう、それはどういった点から感じるのでしょう。
「何点かありますけどね。この本の帯には、恩田陸ワールドの真骨頂、と打たれているんですが、これには非常に共感します。実に恩田陸らしい作品だと。」
作者らしい作品なのであれば、未読者にも薦めやすいものではありませんか。
「いや、それはこの作者の場合、逆ですね。代表作にはなりえない作品です…。」
それが恩田ワールドの真骨頂だと。
「恩田ワールドと言いますが、僕がこの作者の作品を読む時、いわゆるジャンルを考えずに読むんです。と言うよりも、恩田陸はジャンル分けが出来ない数少ない作家の一人です。」

世間一般ではミステリ作家というイメージが強いようですが。
「ある意味では、でしょうね。実際ミステリに区分される作品も多いですから。しかしそれでもジャンルミックスとも言える、一つの恩田ワールドと言えるジャンルを創り上げているのは確かです。仕方が無しにジャンル分けしたらミステリ、といった感じですかね。」
本作品は、そのジャンルミックスの典型だと。
「いえ、矛盾した話で申し訳ないですが、それは違うと思います。ジャンルの意味では今までの作品の中でもトップクラスにジャンル分けしやすいミステリでしょう。」
では、何故。
「作者の一つの特長として、心理描写の濃度にあります。会話の中、風景、天気、よくぞ文章だけでここまで巧みに何から何まで表現出来るなと。」
それが本作品をライトユーザーから遠ざけると。
「そうですね。重いんですよ。」
重い。内容としてですか。
「ええ。核心、謎解きに触れてしまうので多くは語れませんが、その事故…を巡って、そこに居合わせた人、被害者、当事者、多くの目線から真相に近づきます。」
近年、流行している、多人数多人称視点ということですか。
「ええ。みんな共通の話をしているんですが、つながらない。一向に真相に近づく様子が無い。見ているものが違いすぎる。」
集団パニックということでしょうか。
「そうですね、テーマは恐らく、恐怖、だと思うんですが、それに至る、それを裏付ける、作者の目に見えない恐怖、人間のパニック心理が引き起こす恐怖の描写は見事の一言です。」
それが、あなたには重い、と感じたと。
「サラっと読める作品では無い事は確かです。後半になるにつれ、ストーリーは良い意味で脱線して、最後は読者は置き去りですからね。」

置き去りとはまた、酷な言い方ですね。
「いえ、僕自身、作者のラストには期待していない部分が多いんです。ハッピーエンド以前に、しっかりと納得できるラストがあった作品なんて少ないですからね。」
それが、本作品では顕著だったといえるのでしょうか。
「…ある意味では、最初から置き去りだったのかもしれませんよ。」
というと。
「だって、なかなかお目にかかれませんよ。」
なにがでしょうか。


「この状況、あなたと僕のように、始まりから終わりまで、文字通り、Q&Aで物語が終わるなんて」

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


「夜のピクニック」 恩田 陸

2006/09/28 03:42
「皆で、夜歩く。ただそれだけのことがどうしてこんなに特別なんだろう」

僕の大好きな小説

「夜のピクニック」(恩田陸 著)が映画公開されます!!!

生まれてこのかた、何千冊と読んできた本の中で間違いなく1,2位を争う素晴らしい小説でした。

近くに居る人には数年前から散々騒いでるので、またその話か…
となるかも知れないですが、お願いですから
本も映画も見て下さい。見て下さい。

……………………………………………………………………………
内容はいたってシンプルなもの。

修学旅行に替わるイベント、全校生徒が夜を徹して80キロを歩きとおす「歩行祭」。その中で繰り広げられる、学生生活の思い出や、夢や、恋や、そして主人公たちを取り巻く人々の想いが交錯して…


読み終えて、素直に思ったのは、もう少し早く出会いたかったなあと。
せめて高校時代に読む事が出来たらなあ…と。

高校時代ってそうだったなあ、と思う。
げらげら笑い合い、何にでも真顔で相談し合い、何でも分かち合っているようで、実は話せていないこともたくさんあって…
友達にさらけ出している部分と、必死に隠し持っている部分と、でも何となくそれが透けて見えてしまうような無防備な部分があって…

自分は、自分の高校生活がキライだった時期があった。よくあった。
自分の居場所はここではないと勝手に思い込んでて、
いつも気持ちが先走っていて心ここにあらずだったと思う。

でも、卒業して随分たった今、心の底から思う。
もし、あの頃に戻られるのならば、迷わず高校時代に戻る。
振り返ったとき、胸が苦しくなるくらい懐かしく思い出すのは、一番苦しかったかもしれない、あの高校時代なのだ。


ただその場所に居た、ということがどれほど大事なことだったか。
この本を読んで改めて思い知らされた気がした。


主人公を中心に描かれた青春群像に、自分のその時代とは何の接点もないはずなのに、どうしようもなく重なってしまう友人たちの顔、顔、顔。

必死で歩く彼らが、苦痛を紛らわせるために話すおもしろいこと、楽しいこと、恋の打ち明け話、将来のこと。気の合う大事な友人としてお互いに選び合って、最後の行事をともに過ごすことの意味。お互いが理解しあうためのぎこちないとも言える手続きが、今の自分には眩しく思えた。友情だけは、差し替えがきかないものだと、つくづく思うから。


青春と呼ばれるものをいま体験している人たちは、
この本によって自分の残したい青春像を描けるかもしれないし、
青春と呼ばれるものを過去に持ってる人は、
青春を思い出し懐古的な感情を感じ得るきっかけを与えてくれる本ではないかと思う。

そして、何かの節目節目にも道筋を与えてくれる本だとも思う。春から社会人になる多くの友人達に、ゼヒ読んでもらいたい。

卒業を半年後に備えたみんなに読んでもらいたい。


主人公の友人が印象的なセリフを言っていた。

「雑音だって、お前を作っているんだよ。雑音はうるさいけど、やっぱ聞いておかなきゃなんない時だってあるんだよ。今聞いておかなければ、あとから聞こうと思っても聞けない。このノイズが聞こえるのって、今だけだから、あとからテープを巻き戻して聞こうと思った時にはもう聞こえない。おまえ、いつか絶対、あの時聞いておけばよかったって後悔する日が来ると思う」


もし、自分なら、この夜に何を話したんやろうか。
散歩にでも出かけてみようと思った。

なんとミクシーの日記をまるっとコピー…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


アルゼンチンVSコードジボアール 総括

2006/06/19 17:28
今さら、なんですが興味深い試合内容だったのでじっくり総括…てか総評したいと思います。

死のCグループ(アルゼンチン、オランダ、セルビア・モンテネグロ、コートジボアール
の初戦となったこの試合、

優勝経験もあり14回目の出場となる優勝候補・強豪アルゼンチン(以下ARG
高い身体能力を武器にアフリカ最強とよばれるコートジボアール(以下CIV

ともに絶大な攻撃力を誇る攻撃的なチーム。
経験もあり、試合巧者のARGペースで進むと思われた試合は、CIVの猛攻で幕を開ける。

開始直後からサイドのドリブルを中心にガンガン攻めこんでくるCIV。
しかし、エース・ドログバに渡る前にことごとくARGディフェンスに跳ね返される。
ドログバに渡るもまともな体勢ではシュートは打たせず、枠を捉えさせない。

カウンターを狙うARGは司令塔リケルメを軸に自分のペースで攻め込むが、
攻守の切り替え…というか身体能力を活かし自陣にすぐ戻るCIVの前にフィニッシュは出来ず。

24分 リケルメのコーナーキックをCIVがクリアし損ねたところにクレスポ!!
実にクレスポらしい押し込みでARGが先制点を上げる。

…結局のところ、この先制点が全てだったといえる。
点を取って、落ち着きを取り戻したARGはその後、自分のペースを作り上げる。

CIVにボールを持たせ攻め込ませるが、フィニッシュまではさせない。
ドログバに常にマンマークを付け、まともにボールには触れさせない。

リケルメにボールを集め…
この試合におけるリケルメは圧巻の一言だった。
どれだけプレスを受けても取られない、何気なく出したパスは全て通る。
簡単なパスも、一撃必殺の恐ろしいパスも。
ARGの選手は困ればリケルメにあずけていたように感じた。

そのリケルメの真骨頂が炸裂する。

38分ドリブルで自ら持ち込み、マキシにパス。それをリターンで受け、
わずかなタメを作り、後方から全力で走りこんできたサヴィオラへスルーパス。

これぞスルーパスという見事なものだった。ディフェンスラインが全て戻ったCIVディフェンス、
つまり4人のディフェンスをパス一本でぶち抜いた事になる。
もちろん絶妙なタイミングで抜け出し、そのまま決めたサヴィオラも賞賛に値する。
再三再四、CIVディフェンスを脅かした動きはさすがの一言だった。
マン・オブ・ザ・マッチも十分にうなづける。素晴らしかった。

後半に入ってもCIVは前半のペースを崩さず攻め込んでくる…


…ここにARGの油断と余裕。CIVの強さと弱点がある。

恐らくARGはCIVがいつかスタミナ切れを起こす、と考えて戦っていたのではないか。
その時を待って、自陣でゆっくりとパスをまわす、試合を終わらせようとする。
さらに前線で唯一CIVディフェンスと体で張り合い、起点となっていたクレスポを下げる…

はっきり言って、この交代はは大失敗だった、今でもまったく意味が分からない。
クレスポが居なくなった事でハーフラインを越えてタメを作る事が出来ず、
常に攻め込まれる事になる。CIVは衰えない…

しかし、それでも冷静さを失わなかったARGディフェンス・アジャラ、そして攻守のバランスを
保ち続けたカンビアッソとマスチェラーノ、ソリンの凄さだったと言える。

82分 ドログバがついにARGゴールをこじあける。
悪魔のような強靭な身体を活かし、倒されず、ボールを受け、ありえない体勢からシュート。
ワールドクラスにふさわしい、素晴らしいシュートだった。

その後もペースを失わずに猛攻を繰り返すCIV。
しかし、必死の攻撃も、経験豊富な強豪相手にはついに実らなかった…。


ペースを失わない攻め。
これがCIVの強さであり、最大級の弱点であった。

ペースを失わない、裏を返せば、対戦相手は一定の守りが出来るという事に他ならない。
百戦錬磨のARGを相手にして、これはまずかった。


そして、両国を分けた最大の違いが、存在する。

リケルメ。この一言に尽きる。

何をバカな、と思うかも知れないが、マン・オブ・ザ・マッチのサヴィオラを越える存在感だった。

CIVはとにかく強かった。
攻守両面の切り替えの早さ、組織的な戦術、サイドから仕掛けられるドリブラー、
決定力抜群のエースフォワードの存在。
そして、それを支える、ブラックアフリカン特有のパワーとスピード。

…しかし、決定的に弱点だったもの、CIVに無かったもの
それは、上記の多くの武器を最大限に活かし、さらにペースを作られる

リケルメ=パサー・司令塔が居なかった。


アフリカ勢から近い内にワールドカップ優勝国が出る、という巷の意見。
これには大いに賛同する。この試合でも確かな未来を感じた。

その一方で、上記した、パサーの存在なくして、同じくその未来は無いと思えた。
やはり現代サッカーにおいて組織戦術に裏打ちされても、身体能力を前面の武器としていては勝てない、確かにそう感じた。

その後のオランダ戦でも、ペースとパサーの存在によって敗れたと感じた。


一方のARGは、全大会の悪夢を払拭する上々の滑り出しといえた。
全大会経験者が少ないためもあって、CIVよりもガチガチだったが、点を取ってからは
さすがの試合運び、優勝へ向けて走り出した!

では、次回のセルビア・モンテネグロ総括で。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


就職活動総括。

2006/06/01 11:25
お久しぶりです。
よーやく書けます。

就活総括

………………………………………………………………………………………………………

僕の就活スタートは早かったです。
周りのモチベーションが高かった事と、就職に力を入れる大学が煽ってくれた事。

結局、この二つには最後まで助けられる事になります。


開始当初は、就活とは何たるかもさっぱり分からず、でも意識だけは高く、
いや、自信だけがあったんかな。無駄に。

大学でやるべき事はやってきたし、だから就活にも自信があった。
何とかなるだろう、ではなくて、確実に成功する、と。

友人の誘いで行った、就活合宿でも模擬面接の評価は高く、また自信を高める。
心配していたエントリーシートの書き方もここでしっかり学んだ。

恐らく、この合宿に参加していなかったら、僕の就活は無かったでしょう。
エントリーシートはここを叩き台に何度も書き直せたし、
面接の手順や、心構え、やはり実践でしか学べないものが多々あった。

本当に親身になって指導してくれた先輩方と、誘ってくれた友人には心から感謝します。

そのおかげで、就活前半は大成功。
わずかしか書いていないエントリーシートは通り、面接も順調に進む。
当時、第一志望群の企業たちが2月後半から3月に控え、良いステップとなった。

しかし、

その第一志望群に落ちる、落ちる。
のきなみ落ちる。

情けなくて、悔しくて、悲しくて、
ひっさびさに泣きました。

家族に電話して、また泣きました。

家族のために就活してるわけじゃないけど、
でも、やっぱりかれらの自慢でありたいと思ってた。

怖くて厳しいけど、ホンマに優しくて働き者の父親と、
アホけど、家族の事を常に考えてくれる母親と、
生意気やけど、いつも心配してくれるかわいい妹と

ホンマこんな言葉では足りへんねやけど、彼らのためにって思いはあった。
いつも支えてくれる家族のために、まだ終われんなあと。

自分にとって、家族に迷惑ばっかかけ続けてきた子どもとしては
就活が、ようやくできる「最初の親孝行」やと思ってた。

そのためには第一志望の企業に行く事が全てやと思ってた。
今思えば、もちろんそんな事ないし、バカバカしいかもしれんけど、ホンマにそう思ってた。

どうにかして立ち上がらんと、と

でも、ここで、ホンマに変われた。
その第一志望に落ちるまでは、まだ夢見気分で、
本当にしたい事を考えた結果なのか分かってなかったのかもしれない。


自分の、今したい事、今している事、今やらなければいけない事
その区別がついていなかったのかもしれない。

そのために最短距離で何をしなければいけないかもも。


受験もそうやったけど、やっぱり追い込まれないとアカンねんなあ…


そこからは楽ではなかったけど、順調に進んだ気がする。
友達とも何度も話し合い、じっくり何がしたいか考え、

ようやく本当の自分の「軸」を見つけて…

面接に挑む企業にその「軸」を照らしあわして、

合う時は合う。合わない時は、合わない。

でもそうやって、前に行こう行こうと思って。


妥協したらそれまで、それ以上も、それ以下も無い。

妥協だけは絶対にしたくないと考えてた。
妥協したら「それまで」やって事を受験で嫌やゆーほど思い知ってたはずやのに…

精一杯やってダメやったら、それを逆境にしてまたリスタート出来る。
けど、妥協したらそんな事すらも出来ない。

4月前後からはその思いでやれたんじゃないかと思う。


だから本当に行きたい企業に出会えて、
伝えたい事はしっかり伝えて、思いは通じました。

納得できる形で就活を終えられました。

………………………………………………………………………………………………………
就活を終えて、本当に思う事は
やっぱり「人」なんやなあということ。

人に支えられて、助けられて、影響を受けて、その逆もあって。
そしてそのために生きてるんやなあと、大げさやなく思う。

上で家族のためにってかいたけど、もっとちゃんとした表現なら

「自分を支えてくれる人々への意地」がその全てやった思う。
これは聞かれれば面接でも実際に言ってたことでもある。

家族も、友達も、後輩も、先輩も、年の離れた人も、老若男女関係なく

こういう自分でありたい、
両親であれば自慢の息子でありたいっていう、それぞれそんな意地が。

そして、その思いだけはずっと持ち続けないといけないと、
今、文章を書きながらひしひしと思う。


本当ならお世話になった人、一人ひとりに書きたいくらいやけど
ちょっと終われそうにないし、このへんで書き終えたいと思います。


最後になりましたが、

就活をともにやった人、見守ってくれた人、そうでない人も。

本当にありがとう!みんなのおかげです。

心の底からそう思います。

こんな文章で申し訳ないけど、本当にありがとう!


そして、春から同期のみなさん、
出会えてよかった、今からもう楽しみで仕方ない、

ホンマよろしくです!


そして、長い文章でごめんなさいね。
以上
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


申し訳ない…

2006/05/07 01:02
いやあ、すっかり放置してしまった…
三日坊主もいいとこで↓↓
最近過酷だったんです。近々ちゃんと書きますんでー
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


最終報告。

2006/04/27 23:30
決断が終了しました。お世話になったみなさん、ありがとうございました。本当に。
言ってた通り、その会社に絞りました。
まあ、そもそも99%傾いてたわけで。

完全に就活を終了しました。唯一返事を残していた企業に返事をして…

いや迷っていたわけではなくて、唯一文書だんたんですよね。
でもお世話になったからいずれちゃんと本社まで挨拶に行こうと思います。

何個か頂いた他社も本社まで行きました。
水やコーヒー、ビンタの一発は覚悟してたけど、全然そんな事無く
笑顔でお話が出来ました。

みんな良い会社だったなあ。お世話になりました。


だから、でも、迷わずに行きます。

先日、内定者懇談会がありました。
その前日バカスカ飲んでいたため、若干テンションが低く参加…

でも…

楽しかったー!!

懇談会はもちろん、その後の飲み会が楽しかった!

このメンバーなら楽しんでやってけるなと思った!
今回は初めてやったし、みんなまだ若干ぎこいけど、
入社までには素晴らしい仲になりたいもんです!

あれやね、勇気出して、
「飲みに行きましょうよー」とか言ってよかった!

調子こいてすいません

でもね、酒はね、仕方ないんよね。
いや、俺酔わんけどさあ。いや、ごめんなさい。

内定者のみなさま、末永くよろしく!
てか次回はもっと飛ばしていこーぜ〜!!

ps:就活総括は今しばしお待ちを

あと、今更になって何社かから次回選考にお進みくださいのメールが…

おいおい…

惑わされませんよ!!

いや、ホンマ総括だけはしっかり。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


ご報告

2006/04/23 00:52
mixiから来た人がほとんどだと思います。

こちらでもよろしくです。

もっぺん書いときますが、こちらは直接mixiから飛ぶようにはしません。
こっちはこっちで更新していくんで、良かったら登録しておいてくださいね。

恐らく、向こうでは書けないようなコアな事も書いていくと思うんで…


で、肝心のご報告ですが、単刀直入に書きます。

現時点、一番行きたい会社から内定をいただきました。

選考の残っている会社や、内定いただいた他社の事も考えなくてはいけないけど、

ほぼ、就活は終了です。

今日は祭りで多くの人に会ったし、実際電話した人も居るので
知ってる人もおるかもやけど、まあそういう事です。

興味がある人はメールなり何なりで聞いてください。


書きたい事は山ほどあります。
良い事も悪い事も。

感謝したい人も山ほど居ます。

でも今日はこのへんで。(ブログが何なのか良く分かってないってのもあるけど…)

ちゃんと就活総括(?)は書きますね。

まだ終わりはしません。
ただ一段落。

以上、ほぼ終わりに近づいた報告でした。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12


続きを見る

トップへ

月別リンク

Fly High/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる